ステンカラーコート

定番アイテムを着て街に繰り出そう!!

ステンカラーコートはトレンチコートと比べて、シンプルなデザインで、年齢を問わず誰にでも似合い着る場所を選びません。毎年、流行りに関係なく売れるアイテムです(・∀・)後ろの襟が高く、前が低く折り返す形が特徴のステンカラーコート。他の呼び方にバルカラーコート(Bal Collar Coat)、バルマカーンコート(Balmacaan Coat)、スタンドフォールカラー(Stand Fall Collar)と呼ばれることもあります☆

秋冬はこれで決まりっ!
茨木 不動産 http://www.housingnetwork.jp/物件を探すならハウジングネットワークにお任せ下さい!また、提案型不動産売却「ばいきゃくの窓口」も行っておりますので売却希望の方のご相談もお待ちしております。

ステンカラーコートの語源

「ステンカラーコート」が和製英語であることは、ご存じの人も多いかと思います。正しくは「バルマカーンコート」とか「バルカラーコート」だそうですが、英米のファッション関連サイトを見てもあまりこの表記を使ってはいないような……(^ー^:)あまり現代的な(流行の)表現ではない感じです。じゃあどんな表記をしているのかというと、結構バラバラなんです☆ちなみに「バルマカーン」とはスコットランドの地名ですので、そこでこんな形のコートがよく着られていたことから、バルマカーンという名前が付いたのでしょうか(^ー^)

ステンカラーコートの生地

ステンカラーコートの生地はコットン(綿)、特にバーバリー(Burberry)でおなじみの綾織りで目の詰んだコットンギャバジンのものが最も有名ですが、最近はウールやナイロン、ポリエステルのものも多いですよ☆

ステンカラーコートを着た俳優

ステンカラーコートを着た俳優といえば、『刑事コロンボ』のピーター・フォークでしょうか?この人は私でも知っています(笑)ちょっと調べると『ぼくの伯父さん』のジャック・タチも有名みたいですね。他にもThe Jam(ザ・ジャム)、The Style Council(ザ・スタイル・カウンシル)のPaul Weller(ポール・ウェラー)も有名なようです☆

ステンカラーコートのトレビア

  • レインコートの一種でトレンチコートから変化したと言われています。
  • ラグラン袖でゆったりとした着心地です。比翼仕立て(隠しボタン)で第一ボタンを締めなくても着ることが出来ます。
  • 「ステンカラー」は和製英語で、「ステン」はフランス語のsoutien(「支える」と言う意味。英語のsupportに相当)に由来するとも、後ろが立ち上がって前に落ちている襟からStand Fall Collarに由来するとも言われています。
  • 「バル」または「バルマカーン」とは、インバネスコートの由来ともなったスコットランド・インヴァネスの近郊にある地名バルマカーンに由来しています。
  • 素材はウール、カシミア、綿、ポリエステル、ナイロン等があります。
  • 色は黒、紺、灰、茶色、カーキなどが存在し、丈も股から膝丈まで様々、無地が多いです。
  • 腰や袖のベルトが付属しているものもあります。
  • ラグラン袖が特長ですが、ラグランは撫で肩を強調するシルエットになるため近年では、セットインスリーブ式のややスクウェアなシルエットのものがトレンドになっています
最新ファッションはこちら!

ステンカラーコートのブランド

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)
ステンカラーコートの生地もデザインもいろいろありまして、最近は着丈が短めのものが流行です☆薄手の生地のものや着脱可能な裏地(ライナー)付きのものなど、用途に応じて選べます。ちなみにスプリットラグランとは、前部分はセットインで後部分はラグランスリーブ(ラグラン袖)という仕様です。「ナイロンブレンド リバーシブル トレンチコート」は、トレンチといいつつステンカラーコートと呼んだほうが分かりやすいでしょう(・∀・)最大の特徴はリバーシブルという仕様で、これは両面とも文句なく活躍してくれそうですね(・∀・)生地は特に厚手ではないポリエステルナイロンなので、2013年の秋や14年の春向きでしょう。
ブラック・フリース(Black Fleece)
トム・ブラウン(Thom Browne)とのコラボであるブラック・フリース(Black Fleece)、アウターもあります。こちらは、温かみのあるウール地を使用したステンカラーコート。前がセットインで後ろがラグランといういわゆるスプリットラグラン仕様を採用しています。そしてなんと言っても、2013年秋冬の流行であるタータンチェック柄が印象的です。
タトラス(Tatras)
タトラスからステンカラーコートも出ました。Cladoは、ポケットの形状がスポーティーなステンカラーコート。着脱可能なダウンライナーが内蔵されていますので、ある程度の寒さなら対応できるのがウリ。生地はコットンナイロンで、色展開にも注目してください。秋冬はこのコートにも注目です!
Aspesi(アスペジ)
アスペジ(Aspesi)は、1969年創業のイタリアはミラノのカジュアルウェアブランド。もともとはシャツをつくっていたそうです☆現在最も人気のあるイタリアのアウターブランドのひとつといえるでしょう。こちらは、薄手のナイロン地を使用した春秋用のステンカラーコート。小さく折りたたむことができて、付属のポーチに収納できます。いわゆるパッカブルコートの類にはいろいろありますが、トレンドを抑えつつ高級感を望むならこのブランドのものを選ぶとよさそうです(・∀・)
ナイジェル・ケーボン
ナイジェル・ケボーン(Nigel Cabourn)は、1950年生まれのファッションデザイナー。世界的なミリタリーコレクターとしても知られていて、雑誌フリー&イージー(Free&Easy)などにもよく登場されますよね。そんな彼の2013年秋冬コレクションは、やはりこだわりの逸品ぞろい。Short Coat(ショート・コート)は、名前のとおり少し着丈が短めのコート。首元のフックで前をしっかり閉じることができます。前がセットインで後ろがラグランのスプリットラグラン仕様。他にも、襟に温かみのあるコーデュロイをあしらった今年のトレンドであるチェック柄のShort Coat。裏地のタッターソール柄もカントリー気分を盛り上げてくれます。生地は撥水効果のある高密度のS.H.D.(Super High Density)コットン。
エーグル(Aigle)
1853年創業のフランスのアウトドアウェアブランド。アメリカのアウトドアウェアとはひと味違う、フランスらしい上品さとお洒落な色遣いが魅力のコートです☆こちらは、防水透湿性に最高に優れたゴアテックス(GORE-TEX)を内蔵したステンカラーコート。しっかりしたつくりで、インナーを調節すれば幅広い気候に対応してくれるでしょう。生地はナイロンで、フードは着脱可能です。ビジネスでも使えます(・∀・)
TOP