Pコート

いや、これは外せないでしょう?

Pコートは、ヨーロッパの猟師が着ていたコート、もしくはイギリス海軍やオランダ海軍などが着ていた軍服が起源といわれています☆ボタンに錨(碇、いかり)マークが入っているのが、その名残といえるでしょう。Pコートはダブル前(ダブルブレスト)のコートですが、左右どちらを前にしてもボタンを留めることができるのが大きな特徴。どこから風が吹いても風がコートの中に入り込まないための配慮です。真冬の軍艦の甲板の上は、いくら分厚いメルトンウールを使用しているとはいえ極寒でしょうから(^ー^;)またその大きな襟は、立てることによって波音がうるさい甲板の上でも指示などが聞きとりやすくなるそうですよ!

秋冬はこれで決まりっ!

Pコートの2013年秋冬の着こなし

定番であるPコートには2013年の流行である透けるシフォン系素材や、メタリックなグリッターパーツなどを差し込むと、コンサバ過ぎず、素敵です!一番「らしい」のは厚手のタートルネックセーターですが、それも悪くはないんですが定番過ぎてトレンド感が薄れちゃうかもしれません。

Pコートの語源

フランスのブルターニュ地方の漁師などはこれをよく着ている。オランダ語でラシャのコートを意味する pij jekker が語源と言われている。英語では pea coat 、ドイツ語では Caba と呼ばれる。パイロットコートとも云う。

最新ファッションはこちら!

Pコートのブランド

サージュデクレ
サージュ・デクレ、サージュ・デ・クレは、「ワーク、ミリタリー、トラディショナルこそメンズウエアのベースであると主張」する千田仁寿氏のデザインするカジュアルウェアブランド。 こちらの2013年秋冬は、ストレッチの効いたヘリンボーン織りのウール混紡地を使用したPコート。野趣に富んだ生地が魅力です。身幅は細めで着丈は短め、襟裏や裏地に迷彩(カモフラージュ)柄をあしらっています。
アーバンリサーチ・ドアーズ(Urban Research Doors、URD)
アーバンリサーチ・ドアーズは、アーバン・リサーチ(Urban Research、UR)の中でもアウトドア寄り、アメカジ寄りのブランド。比較的お値段控えめで、着やすい服がそろっていますよ♪「メルトンP-COAT」は、まさに基本のメルトンウール地のPコート。細すぎず短すぎず若い人にも着こなしやすく、それでいて子供っぽく見えない仕上がりで流行に流されないデザインのコートです(´∀`*)
Duvetica(デュベティカ)
フランス語で「ダウン」を意味する “duvet” とイタリア語で「倫理・道徳」を意味する “etica” をくっつけた造語がブランド名のデュベティカ(Duvetica)は、イタリアのダウンウェアブランド。 そんなDessameno(デッサメノ)の2013年秋冬のPコートは、なんとダウンを内蔵したPコート!といっても表からはダウンとは分かりませんので、ひそかにヌクヌクの着心地を楽しむことができます♪
Traditional Weatherwear(トラディショナル・ウェザーウェア)
Mackintosh(マッキントッシュ)の弟ブランドとも言われるトラディショナル・ウェザーウェア(Traditional Weatherwear)は、2006年に誕生したイギリスのアウターウェアブランド。2013年秋冬コレクションではマッキントッシュよりも多彩なアイテムを展開していまして、Volrich(ヴォリック)はダウンジャケットラインであるStormseal(ストールシール)のPコート。ダウンジャケットですがウール地ですので落ち着いた仕上がりです(´∀`)
Fidelity Sportswear(フィデリティ・スポーツウェア、フィデリティー)
メルトンウールのアウターを得意としているフィデリティ・スポーツウェアは、もしかすると、いま最も流行しているPコートブランドかもしれません(^ー^)1941年創業のアメリカのアウターウェアブランド。実際にアメリカ軍にウェアを納入していた本格派ブランドです。Pコートはフィデリティが最も得意としているアイテムで、各種デザインがそろっています。日本別注されたものは、サイズも日本人向きになっているのが嬉しいですね。
Mackintosh(マッキントッシュ)
ゴム引きコートでおなじみのマッキントッシュ(Mackintosh)は、1823年創業のイギリス(スコットランド)のレインウェアブランド。2013年の秋冬コレクションではandford(サンドフォード)やWinston(ウィンストン)、Broom(ブルーム)などのPコートがそろっています。コンサバで上品なPコートですので、流行のフェミニン×マスキュリンにもピッタリです。
グローバーオール(グローヴァーオール、グロヴァオール、グロバーオール、グロヴァーオール、Gloverall)
グローバーオールといえばダッフルコートがすこぶる有名ですが、Pコートも評価が高いのです。アメリカものとは違って、上品な雰囲気が身上。 従来の大人っぽいモデルに加えて、フェミニン×マスキュリンスタイルにも合わせやすい細身のモデルも登場しています。
Ring Jacket(リング・ヂャケット、リング・ジャケット)
「セレクトショップ」などの有名店のスーツやジャケットを数多く手掛けているリング・ヂャケット(リング・ジャケット、Ring Jacket)は、1954年創業の大阪のスーツブランド。こちらは、短丈のチェスターフィールドコート(アルスターコート)のようなドレッシーな仕上がりのPコート。こういうバランスのコートはありそうでなかなかないですね。しかもジャージー編みのツイード地を使用していて、ラクチンな着心地なので2013年秋冬のトレンド「スポーティーエレガンス」と合わせたいコートです(´∀`*)
TOP