トレンチコート

お馴染みですよね

今年も残暑が厳しいですね。私が住んでいる東京では実際にコートを着るには少し早いですが、お店にはトレンチコートが並んでいますよ♪ベーシックなベージュ色トレンチコートは持っていると重宝するアイテムです(´∀`*)

秋冬はこれで決まりっ!

トレンチコートの元祖

トレンチコートの元祖を知っていますか?それはイギリスのバーバリーとアクアスキュータムの2社の製品が元祖と言われています。この2社は現在でも有名ですよね!トレンチコートは実用性が高いですし、外観的にも機能美に優れていてトレンドも抑えやすいので、1930年代以降、特に男性の冬のファッションにおいて定番の一つとなりました。

トレンチコートと俳優

トレンチコートはハンフリー・ボガートやアラン・ラッドなどの俳優がフィルム・ノワールの中で着用したことでより人気が高まり、トレンチコートに「ハードボイルド」のスタイリッシュなイメージを植え付けたそうです☆20代前半の私にはちょっとそのイメージが湧きませんが(^ー^;)

トレンチコートの起源

トレンチコートの起源は第一次世界大戦のイギリス軍で、寒冷な欧州での戦いに対応する防水型の軍用コートが求められたことから開発されたものってご存知でしたか?もっとも、その原型は既に1900年頃には考案されていて、第一次大戦での普及が、一般への広がりの契機となったとも言われています☆そもそも「トレンチ(塹壕)」っていう名前は、このコートが第一次大戦で多く生じた泥濘地での塹壕戦で耐候性を発揮したことが始まりだそうです!ファッションとして日常的に着られてからも、軍服としての名残を多く残すコートです☆

トレンチコートのトレビア

古典的なトレンチコートの場合、両腰のポケット部分は、内側に着込んだ上着のポケットに手を届かせるため、袋でなく単なるスリット(筋状切り口)になっていました。

  • 襟元にはチン・ストラップと呼ばれる帯が付き、また手首にもストラップを備え、これらを適宜締めることで寒風を防ぐことができます。
  • ウエスト位置のベルトはトレンチコート最大の特徴で、腹部を暖かく保つと共に、整ったシルエットを形作ります。
  • 生地にはギャバジン(防水加工した綿生地)ないしウールを用いるのが普通ですが、近年は合成繊維や皮革も用いられます。
  • 肩にはボタン留めのショルダーストラップ(エポレットとも言います。肩章と同一視されることもありますが厳密には異なります)が付き、水筒や双眼鏡、ランヤード(拳銃吊り紐)等を吊ったり、ベルトを掛けたりすることが出来ます。また、戦中に仲間が倒れた時には、このストラップを持って引っ張ることにも役立ったそうです。
  • ショルダーストラップは、同様の理由から諸外国の軍人や現在の日本の自衛官等の制服や外套、戦闘服や作業服、更には警笛を繋いだモールやチェーンを吊る為に警察官や警備員の制服や外套にも付いています。
  • 腰回りに備え付けられている輪は、もともと手榴弾を吊り下げる用途の名残だそうです(驚)
  • 右胸(肩)に縫い付けられた当て布はストームフラップと呼ばれ、襟を全てボタン留めした際に雨だれの侵入を防ぐための物です。(本来、男性用被服の右前合わせなので、右側にしか必要がない)現在は単なる飾りになっているコートも多いです。

トレンチコートとパーソナルカラー

2013年秋冬の流行&トレンドの一つは「クラッシック」ですので、アウターの中でもトレンチコートは大活躍の予感がしますね。そんな訳で今日はトレンチコート×パーソナルカラーについて書きたいと思います。

色のポイント

トレンチコートなど、ベーシックなアイテムは、色物よりもまずは基本色で揃えたいですね♪トレンチコートの基本色は、ベージュです☆ブーツを合わせる場合もベージュ系・茶系のものを合わせると統一感が出ます。

おすすめコーデ

トレンチコートには流行のスカーフ&今季も注目のファーを両方楽しめるティペットや、今年人気の赤を差し色に使って華やかさUP♪茶系だけでまとめると、野暮ったくなってしまうので、インナーや首回りに差し色を持ってきましょう♪ココア色を用いたりと、秋冬は寂しく見えないコーデをしたいです。スプリングタイプと同様に、ソフトなタイプなので、カッチリまとめるだけでなく、どこか女性らしさを感じるアイテム(ネックレスなど)をプラスしましょう(・∀・)

最新ファッションはこちら!
茨木 不動産 http://www.housingnetwork.jp/物件を探すならハウジングネットワークにお任せ下さい!また、提案型不動産売却「ばいきゃくの窓口」も行っておりますので売却希望の方のご相談もお待ちしております。

トレンチコートで有名なブランド

バーバリー
トレンチコートの憧れブランドと言えば「バーバリー」。元々は軍服だったトレンチコートを、モダン&タイムレスに引き継ぐTHEトレンチは、ジェーン・バーキンやシャルロット・ゲンズブールも愛用している逸品。ちらりと見えるバーバリーチェック柄のライナーがアクセント♪
マッキントッシュ
防水性に富んだゴム引き素材というハイテク素材を1823年から採用しているアウターウェアの老舗「マッキントッシュ」。今春夏はリネンをゴム引きした素材のトレンチコートが登場。老舗ブランドならではのオーセンティックなスタイルと風通しのいい雰囲気が新鮮です(・∀・)
アニエスベー
フレンチシックの定番「アニエスベー」でファンに愛されているトレンチコートがこちら。テロっとした光沢感のある素材が生み出す、エレガントなシルエットや丸みのあるくるみボタンなど、レディなムードを醸している1枚(´∀`*)
アー・ペー・セー
ハンサムとフェミニンのバランスが秀逸なのが「アー・ペー・セー」の定番トレンチコート。濃い目のベージュカラーなので幅広い着こなしにもマッチ。「トラッドな雰囲気のこげ茶のボタンなど、ディテールもナイス。トレンチコートでギークなプレップスタイルというのも2013年の秋冬の狙いめです♪
アクアスキュータム
第一次世界大戦中にイギリス軍の軍服として供給していたのが「アクアスキュータム」のトレンチコートのはじまり。軍服としてデザインされただけあって、雨風の浸入を防ぐよう作られた襟まわりや、水筒や銃のストラップをからませるリングなど、ひとつひとつに歴史があるコートです☆
ラルフ ローレン ブルー レーベル
トレンチコートの原型に忠実ながらも、アメリカントラッドのエッセンスがプラスされた「ラルフ ローレン ブルー レーベル」。ボタンダウンシャツ×デニム、足もとはローファーという、プレッピーな着こなしをこちらのトレンチコートで楽しむのも流行です♪
トミー ヒルフィガー
カラー使いで遊ぶモダンなプレッピースタイルが人気の「トミー ヒルフィガー」から、グリーンのトレンチコートが登場。シングルフロントのシンプルスタイルは、ジャストフィットを選んでスポーティに着こなすのが正解♪
ブルックス ブラザーズ
「ブルックス ブラザーズ」からは、アクティブな膝上丈のトレンチコートが人気です。シャリ感のあるナイロン素材なので軽く、2013年の秋冬~春先まで使えます☆2着目のトレンチコートをお探しなら、ノーブルな印象のネイビーがおすすめです(´∀`*)
マーガレット・ハウエル
定番アイテムの宝庫「マーガレット・ハウエル」で見つけたのは、少しオーバーサイズのロング丈トレンチコート。2013年の秋冬トレンド、メンズテイスト&ビックシルエットを味わいつつ、往年の女優マネー・デートリッヒのようにラフに着こなしてハンサムレディを気取って。
TOP