ダウンコート

冬はやっぱり暖かい方が良いよね!!

2013年の秋冬トレンド「ドレスアップロックンロール」に合わせたいのはコートの一つがこのダウンウェアでしょう。ダウンウェアは、軽くて温かくて、やっぱりかなり気になるアウターですよね。ここ数年のダウンブームに乗って、いろいろなブランドのダウンウェアが手に入るようになりました。以前に比べると人気が少し落ち着いているようですが、やはり毎年形を変えて入荷すると完売するアイテムも多く、根強い人気があります☆やっぱりなんといっても暖かいですしね(*´∀`*)

秋冬はこれで決まりっ!
当社があなたのお部屋探しをお手伝いします。船橋 賃貸探しなら当社で決まり♪

2013年秋冬のダウンコート

パンクやグランジなどのロックテイストに合わせて上品めにドレスアップしたインナーに合わせて着るのがコツです!そうそう、最近のトレンドとしてテーラードジャケットの上にダウンベストを着るというこんな着こなしも流行っています(*´∀`*)

ダウンコートのお手入れ

クリーニングはもとより、家庭用洗濯機でも洗濯できる素材が増えてきたとは言え、基本的には洗わずに着通すものであり、汚れないよう注意して着用することが基本的な使用方法なのをご存知でしたか?私は知りませんでした(笑)そして、これからも毎年クリーニングに出し続けますよー。

最新ファッションはこちら!

ダウンコートの人気ブランド

アスペジ(Aspesi)
1969年創業のイタリアはミラノのカジュアルウェアブランド。もともとはシャツをつくっていたそう。現在最も人気のある流行に敏感なイタリアのアウターブランドのひとつといえるでしょう。2013年秋冬のAgileは、上品なナイロン素材を使用したダウンベスト。テーラードジャケットの上に着ることも意識されているようです(*´з`*)
Delta Hooded Down Jacket(デルタ・フーデッド・ダウン・ジャケット、デルタ・フード・ジャケット)とDelta Hooded Down Vest(デルタ・フーデッド・ダウン・ベスト)
この2つのブランドは街着として着こなしやすいポリエステル地のダウンジャケットとダウンベスト。2013年秋冬コレクションは細かな千鳥格子(ハウンドトゥース)柄を採用していて、上品な仕上がりです。フードは着脱可能。イギリスブランドということで、アメリカブランドのような土臭さはなく、イタリアブランドのようなラグジュアリー感も薄めの位置づけのダウンジャケットは、意外に狙い目なのではないでしょうか(*´∀`*)
PHD
マウンテン・イクイップメント(Mountain Equipment)の創業者のひとりであるピーター・ハッチンソン(Peter Hutchinson)氏が1998年に創めたイギリスの登山用品ブランド。さらにこだわったつくりの、超本格派ブランドです。こちらは、ちょっとミリタリー風味のダウンジャケット。斜めになった胸ポケットが印象的です。生地には、イギリス空軍などでも使用されたベンタイル(Ventile)を使用。ベンタイルは、特殊効果を施していないコットン地ながら超高密度に織り上げることで撥水性を高めたクラシックな素材です。
ブルックス・ブラザーズ(Brooks Brothers)
アメトラ(アメリカン・トラッド)の雄のブルックス・ブラザーズには各種アウターも充実しています。「ショート パッファー ダウンジャケット」は、着丈短めで一般的なデザインのダウンジャケット。生地はナイロンで、裏地はタータンチェック柄。色展開にも注目してください。「コットン キルティング シティコート」は、着丈がちょっと長めの大人っぽいダウンコート。生地にはマットなコットンフランネルを採用しています。また、襟にはフードが内蔵されています。「キルティング ダウン ピーコート」は、Pコート(ピーコート)型のダウンジャケット。着丈短めなのでジャケット感覚ですっきり着られます。生地はポリエステルで、裏地は2013年の秋冬に欠かせないお洒落なチェック柄。
ナイジェル・ケーボン(ナイジェル・ケボーン、Nigel Cabourn)
1950年生まれのファッションデザイナー。世界的なミリタリーコレクターとしても知られていて、雑誌フリー&イージー(Free&Easy)などにもよく登場されますよね。そんな彼の2013年の秋冬コレクションは、やはりこだわりの逸品ぞろいです☆US Clip Down Jacket(USクリップ・ダウン・ジャケット)とUS Clip Down Vest(USクリップ・ダウン・ベスト)は、アメリカ海軍の軍艦上で着られていたデッキジャケットを基にデザインされたダウンジャケットおよびダウンベスト。USクリップと呼ばれる金属フックがよいアクセントになっています。ホースクロスと呼ばれる高密度のコットンにオイルコーティングを施した生地を使用していて、ラギッドな仕上がりが流行です。日本製です。
Cinquanta(チンクアンタ、チンクワンタ)
チンクアンタ(チンクワンタ、Cinquanta)は、1973年創業のイタリアのレザーウェアファクトリーの1ブランドです。こちらは、ゴートスキン(山羊革)のスエード(スウェード)、つまりゴートスエードを使用したダウンベスト。この高級感とシックな雰囲気はやはり良いものです。襟にあしらわれている本革のムートンにも注目です(・∀・)
Eddie Bauer(エディー・バウアー)
ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、エディー・バウアー(Eddie Bauer)といえばダウンウェアの老舗中の老舗ブランドなのです。1936年から、ダウンジャケットをつくり続けています。スティーブ・マックィーンも着ていた伝説の名品Skyliner(スカイライナー)を始めKara Koram(カラコラム)やAll-Purpose Jacket(オールパーパス・ジャケット)など、名作が目白押し。流行のモダンなものからノスタルジックなものまで、ひと通りそろいます(・∀・)
Sierra Designs(シェラデザイン、シエラ・デザインズ)
マウンテンパーカーがすこぶる有名なシェラデザイン(シエラ・デザインズ、Sierra Designs)は、1965年創業のアメリカのアウトドアウェアブランド。ダウンウェアにも定評があります。60/40クロス(ロクヨン、ロクマル・ヨンマル)のクラシックな生地の感触を、存分に味わってみては♪
The North Face(ザ・ノース・フェイス)
スリーピングバッグの成功を足がかりに一大ブランドに成長したザ・ノース・フェイス(The North Face)は、1968年に創業のアメリカはカリフォルニアのアウトドア用品ブランド。2013年秋冬はNovelty Aconcagua Hoodie ND18050(ノベルティ・アコンカグア・フーディー)など、機能的で質実剛健な仕上がりのダウンウェアがそろっています。
TOP